●診療のご案内
■診療内容について
◇  中高年男性の方で、尿がでにくい・尿の勢いが悪い・残尿感がある・夜間にトイレに何回も起きるなどの症状がある場合は、「前立腺肥大症」の可能性があります。当院では、問診・超音波(エコー)検査・尿流測定などによる精査後、患者様と相談し適切な治療法を選択させていただきます。また、前立腺肥大症に対する日帰り低侵襲手術も行っていますので、お気軽にご相談下さい。

最近、「前立腺癌」が急増しています。当院では、腫瘍マーカーの測定・超音波(エコー)検査・日帰りでの前立腺生検(組織検査)などによる前立腺癌検診を行っていますので、お気軽にご相談下さい。また、「腎癌」や「膀胱癌」などの尿路悪性腫瘍検診も行っています。

「血尿」がでたり、健康診断で「尿潜血陽性」を指摘された方は、泌尿器科的検査をお受けになることをお勧めします。当院では、尿細胞診や超音波(エコー)検査、必要がある場合には内視鏡(膀胱鏡)検査も行っています。

「勃起障害」「射精障害」で悩んでいる男性の方が、日本だけで1000万人以上いらっしゃるといわれています。
当院では、性機能障害に関する豊富な臨床経験に基づいた治療を行っています。お気軽にご相談下さい。

「尿失禁」で悩んでいる女性の方が多数いらっしゃいます。適切な治療により症状の改善が期待できます。
お気軽にご相談下さい。当院では、「腹圧性尿失禁」に対する日帰り低侵襲手術も行っています。

「膀胱炎」「腎盂腎炎」などの尿路感染症、「前立腺炎」「副睾丸炎」などの男性生殖器感染症に対する治療を行っています。

「淋病」・「クラミジア性尿道炎」など性行為に関連する病気を「STD(性感染症)」と呼びます。「STD(性感染症)」に関する相談や治療を行っています。なお、泌尿器科以外の診療科領域のSTDの場合は、他科医療機関をご紹介させて頂きます。

お子様の「夜尿症(おねしょ)」「包茎」がご心配なご両親様、お気軽にご相談下さい。

その他、「尿路結石」などの各種泌尿器科疾患に対する精査・治療を行っています。
また、セカンドオピニオンに関しても、お気軽にご相談下さい。

往診・訪問診療(在宅医療)にも力を入れています。


HOME

おしらせ

院長の略歴

クリニックの
ご案内

診療の
ご案内

アクセス

お気軽に
ご相談下さい