●お知らせ

「尿路結石」について

 腎結石、尿管結石、膀胱結石、尿道結石などの尿路結石は近年増加傾向にあり、まれな病気では決してありません。
 尿路結石ができる原因には、尿の流れが悪い、寝たきりの状態が続いている、尿路感染、「高尿酸血症・痛風」、「副甲状腺機能亢進症」、ある種の薬剤による副作用などがあります。しかし、尿路結石全体の約80%ではこれらの誘因がなく、原因が不明です。
 結石成分の種類としては、シュウ酸カルシウム、リン酸カルシウム、リン酸マグネシウムアンモニウム、尿酸、シスチンなどが代表的なものですが、初めの2種類を成分とする結石が圧倒的に多くみられます。尿酸結石やシスチン結石は尿をアルカリ性にする薬で溶かすことが可能ですが、その他の結石は薬で溶かすことはできません。
 尿路結石は非常に再発しやすく、再発予防はとても重要です。前述のような結石形成の明らかな原因がある場合は、その原因の改善が必要となります。しかし、原因不明の方では食生活の改善が大切で、最も一般的なシュウ酸カルシウム結石やリン酸カルシウム結石の場合、残念ながら再発予防のためのよい薬はないと考えてください。
 食生活で最も重要なことは十分な水分補給で、再発予防に非常に有効です。
 尿路結石の約80%はシュウ酸カルシウムなどのカルシウムを主成分としたものです。この種の結石の再発予防のためには、ほうれん草、たけのこ、チョコレート、コーヒー、紅茶といったシュウ酸を多く含む食品の摂取を控えることも大切ですが、カルシウムをしっかりととり、脂肪を控えることがよいとされています。なぜなら、カルシウムは腸からのシュウ酸の吸収を抑制し、一方、脂肪のとりすぎは吸収可能なシュウ酸を増やしてしまうからです。コーヒー、紅茶にはミルクを入れるといったように、シュウ酸の多い食品を摂取する際にはカルシウムを同時にとることが大切です。
 野菜、穀物、海草、青身の魚などは結石予防に有効といわれますが、とりすぎは逆効果になる危険もあります。要はバランスが大切です。また、規則正しい食生活も重要で、朝食や昼食をとらずに、夕食にたくさん食べるといった不規則な食生活は厳禁です。
 結石の成分により、予防法が異なったり、あるいは薬による再発予防が可能なこともあるため、結石が排出された場合は、成分を分析することが重要です。また無症状でも結石が残存している可能性もありますので、泌尿器科の受診をお勧めします。


お知らせトップへ戻る


HOME

おしらせ

院長の略歴

クリニックの
ご案内

診療の
ご案内

アクセス

お気軽に
ご相談下さい